行政書士の難易度と合格のための勉強方法

勉強場所





国家資格で何か資格を取りたいと考えている方向けに今回は「行政書士試験」の難易度と合格するための勉強方法について記載していきます。

行政書士とはどんな資格なのか、合格率はどのくらいなのか、難易度はどのくらい高いのか、

などこれから資格取得されたい方・行政書士の勉強方法を知りたい方にお役に立てればうれしいです。

ぜひ最後までお読みください。

行政書士とは

行政書士とは、行政書士法に定められた国家資格者のことです。

役所へ提出する許認可申請等の書類作成や、各種手続きの代行を行うことができ、これらを主な仕事としています。

例えば会社設立等の届け出や、産業廃棄物処理業のような特殊な業種の許認可申請の代行など、さまざまな書類を依頼人に代わって作成し、提出することができます。

最近では、遺産相続や遺言書作成についてのアドバイス、契約書の作成、クーリングオフ手続きに必要な書類作成の代行、内容証明の作成を専門に請け負っている行政書士も存在します。

行政書士が作成できる書類、請け負える業務の種類は10000種類以上あるとも言われています。

その業務は多岐にわたっており、そのすべてをここで羅列することはできませんが、いわば書類作成のスペシャリストと言うことができるでしょう。

資格の取得には年齢制限等がなく、資格さえ取得することが出来れば誰でも開業することができるのが特徴です。

今回は、行政書士の資格取得難易度や、勉強方法について説明します。

詳しい業務内容や、行政書士の現在の求人状況などについてはあまり触れていませんが行政書士事務所などで勤務されることが多いようです。

行政書士資格を取得すると独立・開業することも可能です。

もちろん資格試験だけでは実務経験・実際に使える知識やノウハウを学べないので難しいので難しいですが独立を目指すことが出来る士業(サムライ業)の1つです。

行政書士の難易度

法律系の資格は司法試験によって取得する

「弁護士」を筆頭に、弁理士、司法書士などさまざまな資格がありますが、

それらの取得に際しての試験内容は、日頃の生活ではあまり馴染みのない法律分野の専門知識が幅広く問われるものばかりで、資格試験の中でも非常に難易度が高い分野であると言えます。

行政書士の場合は、ある程度出題範囲が限られているため、

弁護士や司法書士等の法律系資格と比べるとやや取り組みやすい資格ではありますが、取得するためには十分な勉強と準備が必要です。

行政書士の合格率

行政書士試験の合格率は、司法書士の合格率よりは数段高いものの、それでも10%以下と決して高くはありません。

しかし、この合格率の低さの原因は、資格試験の準備のためにまとまった時間を割くことができない多忙な社会人受験者がその受験者の多いということも考えられますが、

試験の日程が年に1回しかないこと、記述式の問題があり配点が高い事などが考えられます。

  • 26年度  8.27%
  • 25年度  10.10%
  • 24年度  9.19%
  • 23年度  8.05%
  • 22年度  6.60%

過去を遡っても合格率が10%を超えた年は3回ほどしかありません。

合格率はかなり低い試験です。

行政書士資格取得を考える場合には、特に法律系の勉強をされてこなかった方は、かなりのエネルギーや時間を使いますので、

そこまで頑張って取る意味があるのか、そして、準備のためにある程度スケジュールの余裕を確保できるかを真剣に考えられた方がいいです。

行政書士の勉強方法について

行政書士 勉強時間は?

前述のとおり、行政書士試験の合格率はほとんど毎年10%以下、低い年では数%に留まっているため、決して高くはありません。

そのため、一度の受験で資格試験に合格できる人ばかりではないのが現状といえます。

行政書士の試験は一年に一度受験できますが、一度の受験で合格できない場合、その準備や勉強に数年掛かることも少なくありません。

独学で試験に臨む場合、法律に携わったことがない方は500時間程度の勉強が必要であるという意見も見受けられます。

平均でも300~400時間程度の勉強を必要とされることが一般的のようです。

行政書士の合格までにかかる受験回数は平均3回ほどといわれてますので1年に100時間は勉強しないといけません。

行政書士 独学でも取得できるのか?

受験合格者によれば、スクール等に通うことで前述した必要勉強時間を200時間程度まで短縮できるという意見もあります。

つまり、受験ノウハウを持つスクールへ通うことで、効率よく知識を習得し、短期間での受験対策が可能になるという見方が一般的です。勉強時間に余裕がない人の場合は、スクールや通信教育等をうまく利用するのもおすすめです。

しかし、行政書士の資格取得に関しては、独学で取得することも不可能ではないとの主張も数多く見られます。

合格には法的思考力や理解力が必要となるため、法律分野にまったく馴染みのない人が独学で合格を目指す場合には、一日2~3時間程度の勉強を半年~1年程度続けるくらいの努力が必要といえるでしょう。

行政書士勉強におすすめの参考書

行政書士の試験対策本は、いくつもの出版社からいろいろなシリーズが発行されており、本屋の店頭やAmazon等の通販でも簡単に入手することができます。

資格コーナーがある本屋であれば数冊は取り扱っていますので自分に合ったものを探された方がいいです。

行政書士の試験対策本として現在Amazonでもっとも売れているのは、資格予備校であるLEC東京リーガルマインドの発行する「出る順行政書士シリーズ」です。

行政書士試験で勉強する領域はかなり広いです。

効率的に勉強するうえでこちらのテキストは全ての範囲を網羅してくれていますので基本書として読み進めていくことで勉強効率を上げることが出来ます。

同シリーズで問題集もありますのでこちらとセットで購入することをおすすめします。

参考書、問題集共に多くの受験生に支持されており、一度は目を通しておきたい鉄板の参考書であるといえるでしょう。

ただ、法律分野に関してまったく知識がなく、行政書士の試験に必要な知識をゼロから学びたいという人には少し難解であるという意見も聞かれますのである程度知識のある方向けではあります。

また下にオンラインで学習することが出来る「資格スクエア」のリンクを付けておきます。行政書士試験は動画学習してしまった方が勉強効率がいいかもしれません。

法律の知識があまりなく、費用を抑えて勉強されたい方には、早稲田経営出版の発行している「合格革命行政書士シリーズ」の「合格革命行政書士スタートダッシュ」がおすすめです。

この本はかなり初心者向けにつくられており、行政書士試験受験のための知識取得はもちろん、専門的なテキストを使用した勉強へすんなりと入って行けるような入門書であるといえます。

フルカラー印刷で、読みやすさ、要点の見やすさ等もとても優れています。

「出る順行政書士シリーズ」のような参考書をいきなり理解するのは難しい、と感じた場合には、まずは入門としてこちらを併用してみてはいかがでしょうか。

また、行政書士を資格取得を考えられている方はゆくゆくは士業を目指されていると思いますので、「行政書士受験六法」を購入されることをおすすめします。

分厚くて、料金も高いですが判例などの記述もあります。

テキストや問題集で出てきた条文に印をつけて覚えていくことでより効率的に勉強をすることが出来ます。

今後独立・開業を視野に入れている方はぜひご購入ください。

行政書士の勉強法まとめ

行政書士試験は、年齢、学歴、国籍等に関係なく、誰でも受験することができます。

毎年の受験者は、下は10歳程度から、上は80歳以上の人まで、幅広い年齢層にまたがっています。

決して資格取得が容易であるということはできませんが、どんな方も受験できますし、一日数時間程度の勉強によって独学でも合格することが出来る資格です。

また、試験合格後に登録を経て開業すればさまざまな分野・自分の裁量で働くことが可能となりますので、おすすめの資格です。

行政書士は、資格を持ってどこかで就職するというよりも、自宅の設備を事務所として使用して自分で開業するのが一般的な仕事でもあります。

パソコン1台あれば起業することが可能です。

社会のグローバル化やインターネットの普及によって、行政書士が参入できるビジネス分野もどんどん広がってきています。

自身の持つこれまでの経験や知識を活用し、その得意分野に特化した業務を行っていくということも可能ですし、分野によってはライバルが少ない領域もありますので、ご自身の努力次第では大きく稼げることが出来ます。

新しいビジネスへ積極的に参入していくことも可能なので、資格取得後はその人次第の働き方ができる職業であるといえるでしょう。




ABOUTこの記事をかいた人

会社員が気になること、ライフスタイルなど、暮らしにまつわる情報を会社員ならではの観点で、役立つコンテンツを掲載できればと思い日々奮闘中です。宜しくお願い致します。